#52 エペルネーの旅2 モエ・エ・シャンドン カーヴ見学

27 octobre 2010 パリ旅行記 5日目 番外編エペルネーの旅

遂にモエ・エ・シャンドンのカーヴ見学★
カーヴ入り口では、ドン・ペリニョンがお出迎え。

ここは予約無しでも見学できるようなのですが(ただし日本語ガイドは要予約)
モエ・エ・シャンドン公式サイト(英語版)で予約しました。
予約したら3日以内にメールが来て「15:45にお待ちしてます」とな。

メールに記載してある予約番号を受付で伝え、見学コースはその場で選択。

・Traditional tour (1flute of Moët Imperial) :14.50 euros
・Imperial tour (1flute of Moët Imperial and 1 flute of Rose Imperial): 22 euros
・Grand Vintage tour (1 flute of Grand Vintage 2003 and Rose 2003):27 euros
・Under 18’s :9 euros
・Under 10’s:Free

どうせなら、ヴィンテージがいいと思って一番高い「Grand Vintage tour」を選ぶ。

ガイドの言語は予約時にネットでフランス語か日本語を選択。
英語で説明されてもわからんけんね。

ゴージャスなロビーで待機。

間もなく日本人の女性ガイドさんがいらっしゃいました。
な、なんと!マンツーマンでガイドしてくださるのですか!?
恐縮でございます…

ただでさえ豪奢な世界を、ガイドさん独り占めで歩けるなんて!

1743年創業のモエの歴史を俯瞰的にご説明いただき、ビデオ鑑賞(これも日本語)。

そして、いよいよ薄暗いカーヴへの階段をくだります。
シャンパーニュの香りというより、だいぶ湿気くさい。そしてとても寒い。
カリブの海賊とか、宝探しのアトラクションにでも乗ったかのような、ワクワク気分。

今、世界で一番高級なレベルのシャンパーニュが!!
意外と秘宝は見つけやすいものなんですな。

このカーヴ、エペルネ市内の地下に28kmも広がっているんだそうです。
果てが見えない。


ナポレオンからの贈呈品・醸造樽。

熟成中のシャンパーニュ。このスペースだけで8805本も!

成熟したら、瓶を逆さにしてグルグル回転させ、澱をちょっとずつ集める。
集まった澱は、こんな感じ。

見学コースの様子だけ見ると、人の手で瓶を回転させてるように思えましたが
「今は機械でやってますよ」
おお・・・・そ、そうでしたか。

澱を集めたらボトルネックを凍結させるそうなのですが、
これがコルク栓が勢いよく飛び出す重要な作業だそうで。

日本語だからすごく理解深まりました!

見学コースの地下3階から上階へ。
わー!ファビュラス!

お楽しみの試飲コーナーです。
日本でまだ流通していない、2002年物のヴィンテージ。

イケメンソムリエがボンジュ~★と現れ、ガイドさんと一緒に注いでくださいました。

贅沢の極み!!!!!

ロゼはフルーティで、でも後味が木。
そう、木。
口に入れた瞬間は杏や桃などの甘さが広がるのですが、後から徐々に木(茎らしいですが)の濁り気のない苦味が。
美味しい★
ブリュットとちょっとずつ飲み比べしていくと、なんとなくブリュットの味がマイルドになっていくような・・・?
どうやら一口目を飲んだときよりも水温(?)が上がってきているので、よりマイルドになるのだそうです。
ヴィンテージだからって、いつものペースで飲むのが惜しくて…ゆっくりじっくり堪能。

シャンパーニュがお高い所以を十二分に理解いたしました。。。。

日本じゃヴィンテージじゃなくてもブリュット・アンペリアル一杯1,200円ですものね。
見学もできてヴィンテージ二杯飲めて27ユーロは、お得!