#6 ルーヴル・ランス別館のカフェと地下フロア

美術鑑賞後の腹ごしらえー。小さいけれどカフェもちゃんとあります。
パリのルーヴルよりお値段良心的。

この日の「Plats chauds du jour」にパルマンティエがあったので迷わず。
4ユーロの割には美味しくてボリューム満点!

彼はサンドイッチ。ドリンクとデセールで7ユーロでした。
美味しかったけど、ランス駅付近のカフェとかビストロとか調べておけばよかったなー。

広い庭(?)もあるけど、まだ寒い。
カフェ横にピクニックエリアがあった!ここで小休憩。
サンドイッチ持って来てる親子もいて、ほんとピクニック感覚。

子供用の本を買って、美術館のおさらいをしてみたり。
しかしほんと、小さい頃からこんな美術に触れられるなんて、恵まれてますねー。
(しかもクイズとか結構難しかった、、)

企画展も見たかったんだけど、14時から。。。
14時台のTGVを予約してたので、後ろ髪ひかれつつ断念です。

ワクワクする資料室ものぞいたあと、地下フロアへ潜入です!



なんと地下にもお楽しみが広がっていた!!!

タッチパネルで作品を学べることができたり。これがまた楽しい。

なんと収蔵庫を見ることも出来るのですー。すごい。


あー、楽しかった!

14時からの企画展開場に合わせて、次々と入館者が増えてきました。
その波に逆らって、私たちは駅へと向かいます。
帰りのシャトルバスは貸し切り状態でした。

さーTGVに乗って、パリへ戻りますー。