Café Le Malakoffで王道フレンチを食す。

トロカデロの駅から出て、シャイヨー宮と反対側には、遅くまで開いているカフェがたくさん!
そして観光地にも関わらず、意外と高くないのがいいです。
独禁法的なあれかしら。

お腹がぺこぺこでもうどうしようもなかったので、駅出口から徒歩2歩(笑)のLe Malakoff(ル・マラコフ)に入りました。

オニオングラタンスープだけいいかな…とも思ったんだけど、
オニグラ単品9.5ユーロ、夜のMenuがアントレとプラとデセールouカフェで18ユーロ。

この旅最後のディネ、せっかくなのでMenuにしてみました。

カラフでロゼも飲んじゃったりして!(これで4ユーロですもの)

たっぷりのバゲット。

アントレ、ウフマヨかサラダが選べるのですが、追加料金で好きなものを選べます。
オニグラは追加1.5ユーロ。

・・・どうしましょう。ボリュームたっぷりでございました。
チーズもバゲットもたっぷり入って、濃厚な味付け。
これだけでお腹たぷたぷ。。。

プラ、よりによってバヴェット頼んでしまったですよねー(大汗)
でもフリットこそ残したけど、ほぼ完食!!
体が、こういうトラディショネルなTHEフレンチを求めてたんだと思います。観光客ですし!

もちろんデセールでなくカフェにしました。

Café Le Malakoff
http://www.le-malakoff.com/

6 Place du Trocadéro et du 11 Novembre, 75116 Paris
年中無休 7:00 – 25:00