Christian Dior, Couturier du Rêve クリスチャン・ディオール 夢のクチュリエ 後篇

ディオールは、パルファムも立派なアート作品。

4380/23517″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

ジャドールの歴史。美しい。。。ここでもため息が漏れる。

4380/23516″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

BB!ブリジット・バルドー!!
あれ、BBの愛用の香水はディオールだったっけか…?

グレース王妃へ贈られたボトルも。

4380/23518″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

さて、ここから後半戦。

今回のエキシビションのキービジュアルにもなっている
「NEW LOOK」と言われた1947年ディオール初のコレクション作品。

4380/23519″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>


ディオールの後継者6名の作品を紹介するゾーン。

ここはガラス張りゾーンでないので、
近付くと「ビーーーーー!」とけたたましいアラームが鳴り響く。
でもわかる。前のめりになる。

イヴ・サンローランのARMIDEドレスは、前のめりで見ても届かない後列にあった。

4380/23520″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

しかしこのゾーン、人と通路の広さの割合があってないのなんのって。
まともに見るのすら難しかった…

4380/23521″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

グレース・ケリーも愛したマルク・ボアンの作品。

4380/23522″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23523″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23524″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

ジャンフランコ・フェレのはことごとく、全部、全部ブレてた!涙

ジョン・ガリアーノ。
6人の中ではずば抜けてエキセントリックワールドだった。

4380/23526″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

ラフ・シモンズ。
映画『ディオールと私』の記憶が蘇ってきて、一番感動した。

4380/23527″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

そしてマリア・グラツィア・キウリ。
やっぱり女性らしさがある感じがする!

4380/23528″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

このアンナ・カリーナかわいいなあ。

4380/23525″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

そう、壁側にセレブ達の写真がたくさんあったのだけども、人がたくさんいてほとんど撮れなかった!

そして、白がまぶしすぎる「アトリエ」の展示。
真っ白な世界、パノラマで撮らないとフレームに入りきらない!

4380/23529″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23532″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

展示が上の方にあるので、まるで教会のステンドグラスを見上げるような感覚。

4380/23530″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23531″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

クチュールを再現したコーナーもあったんだけど、とてもじゃないけど見れなかった…
(混みすぎ)

4380/23533″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23534″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23535″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23536″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

白のまぶしさから一転、暗順応が難しいくらいの黒の世界!
メゾン創立から現代のコレクションまでのラインをどーん!

4380/23537″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23538″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

かわいらしく見える作品も、実はすごくきれいなラインでほれぼれ。
(やっぱり赤色に目が行くのよね)

4380/23539″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

さあラスト、思わず「うわあ!」と声が漏れてしまうくらいの豪奢な舞踏会の世界が広がります。

4380/23540″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23541″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23542″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

圧巻!!!
まるで舞台でも見ているかのよう。
「ブラボー!」とスタンディングオベーションしたくなる、素晴らしいフィナーレに涙が出てきました。

4380/23543″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>
4380/23544″ target=”_blank” rel=”noopener noreferrer”>

展示は300点以上というけど、、、いやいや、もっとあったでしょう!!
美しいものを思う存分愛でて、火照りました。。

もし、次回行ける機会があるのなら。。。
一日中いたい!!!1時間半じゃ、全然足りない!!濃すぎる!!