パサージュ・デ・パノラマ&パサージュ・ジュフロワ

さて、旅恒例の「最後の悪あがき」。
と言っても今回も昼のフライトなので、ホテルの近所をお散歩。

Grand Boulevard駅には魅力的なパサージュがいっぱい★

パサージュ・ジュフロワ(Passage Jouffroy)。ここが一番ホテルから近いけど、個々数年何度か来ているので・・・

道路を挟んだ向かい側にある、パサージュ・デ・パノラマ (Passage des Panoramas) へと。

ジュフロワもレトロで素敵ですが、こっちもちょっと違った感じの非現実感があって面白い。



電車の車両のようなのは、ワゴンレストランの「Victoria Station」。

パッサージュ全体で映画のセットのようだ…

と、このパッサージュにちょっと前に話題になった「Gyoza bar」があります。

もちろん営業時間外なので入店はできず。

あんまり興味なかったはずだったのに、なんだかとってもとっても餃子が食べたくなって。
実は帰国してすぐ青山のGyoza bar comme à Parisに行ったのでした。
(その記事すらまだ書けていない)

Gyoza bar
http://www.gyozabar.com/

56 Passage des Panoramas, 75002 Paris

さて引き続きパサージュ探索。

と言ってもほとんどお店は開いていないので、写真を撮るだけです。。。

通路も狭くて、雑多な感じ(いや、これ褒めているんすよ)が大好き。

ジュフロワがやたら広くて綺麗に思える。

ああ帰らねば。帰るのかな。

去年11月、テロの最中にパリにいた自分にとって、今回の旅はまったく不安がなかったとは言えないけど、、、
結果、やっぱりどんどんこの国のことが好きになっただけでした。

この後すぐカルフール(小さいバージョンがシャルティエのすぐ隣にあるのだ)でさらに、さらに最後の悪あがき。
配り土産を調達して、もう本当に最後のリパッキング。

ここでガソリン注入。
ミシェル&オギュスタンは空港でも売ってるけど、何本でも飲んでおきたいからねー。

前回とんでもなく怖い思いをしたけれど
(当時の記事⇒【死ぬかと思った】
再びオペラからロワシーバスに乗る。

怖い想い出には、上からいい想い出をかぶせてしまえばいいじゃない。

欲を言えば、空港や中長距離バスに入るときにもセキュリティチェックがあれば、なんとなくの不安も払拭できるかも。。。

Wifiも繋がるし、高速渋滞もないし、快適。
さよなら、パリ。またすぐ来ます。

CDGへ。