フランス観光開発機構「SAKIDORI France2015」ソワレ・メディア ☆ディネ編

フランス観光ワークショップ「SAKIDORI France2015」の一環として開催された
イベント「ソワレ・メディア 印象派の夕べ」@明治記念館。

ワークショップの後のディネの模様をレポートします☆

それぞれのテーブル、印象派の画家の名前がつけられていました。
私は「ゴーギャン」でした。

ATOUT在日代表のフレデリック・メイエールさん。
これが最後の大きなイベントとなるようです…

さまざまなイベントでお会いしてきましたが、
先月ルシアン・バリエールのデジュネで、
隣のお席で初めてたくさんお話しさせていただいたばかり。
寂しい限りですが、新しい土地・イタリアでも益々のご活躍を!!

ルシアン・バリエールのデジュネの模様はこちら↓
Lucien Barrière (ルシアン・バリエール)・ジャン=イヴ・ルーランジェ氏のデジュネにご招待いただきました

乾杯は、ローラン・ペリエのブリュットL-Pで!



最初の一皿
「香草風味のマリネサーモンと野菜のモザイク仕立て レモンの香り」。
ピンクとグリーンのコントラストが美しいフォトジェニックなお皿。

続いてはスープ。

「茸類のクリームスープ トリュフ風味」。
この季節に茸のスープがいただけるのは嬉しい。
香り高くてとーっても、美味しい!

パンは数種類の中から好きなだけ。

白ワインはブルゴーニュ レセティエ ブラン(Bourgogne Les Setilles Blanc)の2012年。
飲みやすくてたくさん飲んでしまいました…

お魚は「的鯛に低温ベーコンをピケして 爽やかなセロリのソース」。

テーブルで最後のソースをたーっぷりかけていただきます。
セロリのソースはとっても爽やかだったのですが、最後のこちらのソースが濃厚で個人的に好み。

赤ワインはボルドー。
シャトー・オー・ブリオン クラレンドル・ルージュ(Ckarendelle rouge par Chateau Haut Brion)2006年。

と、ここで印象派をテーマにしたプチデフィレが。
モデルさんたちがテーブルの間を結構なスピードで(笑)歩いていきます。

ちょっとギャグかな?と思わせるひまわり…

そしてヨット…

日本人モデルさんたちは二階堂ふみちゃんみたいでかわいかった。

ディネの最後に「モデル着用の帽子が、この会場のどなたかに当たります!」とアノンス…
え、え、、、ひまわりが当たったらどうしよう…とヒヤヒヤしていましたが
右側の日本人女性お二方が被っている、比較的かぶりやすいもののプレゼントでした。
(当たらなかったけど)

お肉は「牛ヒレ肉のポワレ ポルチーニ茸のプラリネの香り 3種類の付け合わせ」。
わーい!セップだ☆
セップ茸大好き!美味しくいただきました♪

フロマージュは
「カマンベールチーズのカソナード焼き 松の実と共に ポン・レヴェックハーブサラダ」。
松の実の食感とカマンベールチーズのとろとろ具合がたまりません☆

デセールは「乳白色のプレッセ カルバドス風味 ハチミツのアイスとベリー類を添えて」。
なんて乙女なビジュアルなんでしょう♪

締めはカフェで。

今回も素晴らしいディネでした♪

帰り際に、ワークショップで来日されてる方々が一堂に会して記念撮影!
だったのですが

サクッと解散されていたので、シャッターチャンス逃しました(涙)