グリーン・ホーネット The Green Hornet

グリーン・ホーネット
ネットの評判があんまり良くないし、苦手な3Dだし、若干躊躇はしていたけど、ミシェル・ゴンドリーだもの。
ゴンドリー信者の私が観ないでどうする!ってんで、3D料金払って鑑賞~。

新聞社の若き社長ブリット・リイド(セス・ローゲン)は、夜になれば全身グリーンのスーツとマスクで身を包み、グリーン・ホーネットとして街中の犯罪者と戦うヒーローだった。ハイテク装置満載の愛車を駆って相棒のカトー(ジェイ・チョウ)と共にギャングの支配者、ベンジャミン・コドンフスキー(クリストフ・ヴァルツ)を追い詰めるのだが……。

みんな一生懸命なんだけど、一生懸命お馬鹿なの。もうそれだけで十分。
明らかに正体バレバレ、荒唐無稽でハチャメチャな展開、B級映画の最高レベル。
ブルース・リーが出ていたTV版を未見だし(そもそも“ホーネット=スズメバチ”って意味すら知らなかったし)十分楽しめましたよ。
ダメ息子でホーネット役のセス・ローゲンよりも、カトー役のジェイ・チョウが断然ヒーローだった。キャメロン・ディアスは好演。だけど、良すぎて出演シーンは一気に彼女に集中しちゃうから、実際はもっと無名な女優でよかったのかもしれないなー。
分割された画面でのストーリー展開とか、ところどころ織り交ぜられたゴンドリー色が垣間見れたのは嬉しかった。
ただ少しセス・ローゲン(ホーネット役兼製作総指揮・脚本)の色が強すぎたのか、単純に体が3Dに拒否反応を起こしていたのかは不明ですが・・・評判どおり本編は3Dである必要性はなかったかも。
だけどエンドロールに完全K.O.!!あのエンドロールだけは3Dで観る価値あり。

どうしても良作で同じくアメコミ系の『キック・アス』と比較されがちけど
エンドロールのゴンドリー的アトラクションを体験できただけでも、こちらに軍配。(にしとこう)

ゴンドリーは『恋愛睡眠のすすめ』も3D化したかったらしいけど、予算上無理だったそう。
3Dは苦手だけど、立体的ガエル君&シャルロットも観たいような。

新年早々、日仏でのマチュー特集とかフィルムセンターでの現代フランス映画の肖像、『髪結いの亭主』、さらに自宅でMyFrenchFilmFestival
フランス映画以外にも恵比寿ガーデンシネマのベストセレクション、『ソーシャル・ネットワーク』『キック・アス』『海炭市叙景』『アンストッパブル』『ヤコブへの手紙』『嘘つきまーくんと壊れたみーちゃん』(あと何観たっけか…)と、結構いいペースで映画鑑賞。

全然感想書けてない…
記憶力があまりよくないのでブログにでも書かないとホント抜けていく。

ソシアリスムは去年観てDVDでも観たけど未だに感想書けません…