#46 奇人たちの晩餐会Le Dîner de cons

26 octobre 2010 パリ旅行記 4日目

ノエルのイルミネーション、準備万端。

バスに乗って、一旦アパルトマンへ。
またすぐにこの近くに来るのですがね…



ヴェリブに乗って、Grands Boulevards駅にあるLe théâtre des variétésに来ました。

大好きな喜劇『奇人たちの晩餐会』(Le Dîner de cons)の舞台があるって知ったので
思わずチケット購入しちゃいました。

指定席だったので、席の方に向かうと―

「ここで待っててください」
いやいや、これはイヤな予感がしますよ…

ザマス眼鏡をかけたマダムが
「チケットを拝見いたしますよ。はい、こちらへ」
ああ、イヤな予感的中か…

「席はここよ、はい、チップをください。」
はい予感的中。

とりあえず様子見で1ユーロ渡すと
「ん・んー」
と、咳払い。Pardon、もう1ユーロ。
「メルシー!よい鑑賞を!」
ふう…あの咳払いの表情は、千と千尋の大浴場にいる何か恐ろしいものに似ていた。

すごくいいにおいのするカップルの後ろに、ちょこん。
狭い…

でもホッとしていたら、またあのマダムがやってきた!
「あなた一人ですよね?こっちの席に移ってくださいな!」
あああああ…

席をたつと、フェミニンな男性二人組が「メルシー」と。
ポッ…★

で、移されたのは舞台の目の前でしたがー

狭い!
足が短くてよかったと思えるときです。
飛行機のエコノミーが広すぎる、とまで感じる程狭い。
半畳しかないような空間に、椅子四つ。
前列二つに、後列に二つ。
私の隣の女性、「地獄だわ…」と。

前方に座る御夫婦の合間から鑑賞。

芝居が始まれば、狭い席に座らせられていることも忘れ
会場にいるフランス人たちと手を叩いて大爆笑。
テンポよく繰り広げられる喜劇、最高に面白かった★

面白かったけど、もっとフランス語を勉強せねば。。。としょんぼりすることも多々あり。。。
今は亡きジャック・ヴィルレの名演技を思い出し…
喜劇を見たのに、なんで肩を落とさなきゃいけないんだ、私!

じゃあ景気づけに、、、、!!