paris2010・octobre#33 番外編トゥルヴィルの旅8 無からの生還

25 octobre 2010 パリ旅行記 3日目(番外編トゥルヴィルの旅)

私は普段からボンヤリかったるそうにしているのですが
このときの状態は尋常でなかった。
このまま気づかないうちに黄泉の国に足を突っ込んでしまうのかとも思われ。


生きる!(FUJIWARA)

時間が止まったかのような不思議な感覚から、生還。
再び街の方へ戻ります。



東京砂漠で忙しなく働く自分にとって、極楽でした。

ただ今度は、この浜辺を愛する人と歩きたい…
寂寥の感がつきまとってきた。



駐車場に停めてあった車の助手席で見張り番をしていたのは、バゲットでした。