パリにまた来る理由。

23 février 2010 パリ旅行記6日目

この旅最後のセーヌ川徒歩縦断であろう。名残惜しい。

セーヌを渡ると、そこには私の心を鷲掴みにする風景が待ち受けていました。

世界遺産認定とか、そういう名誉あるものでなくても
男勝りの女でも、オトメ心を蘇らせ、胸キュンさせる風景が
いくつもある街。

好きだ!パリ!!

今年32歳、本厄なのにも関わらず
ストラスブール旅行とかオザケンNHKホール抽選とか
その他もろもろ当選しているこの3ヶ月。

妹の恭子さん曰く
「宝くじ買ったら当たるんじゃない?」

あ!そうだ!今年一個もギャンブル系に手を出していない!

ひょっとしたら、この街のアパルトマン一室を買えちゃうくらいの当選しちゃう?
それくらいツイてるね、ノッてるね、な私。

BIGで6億円当てる妄想を巡らせながら、パリを歩く。

・・・罰が当たったようです。

この旅の締めくくりは、やっぱりブレ・シュクレのパンオレザン!!
と思ったのですが・・・

Blé Sucré
7 rue Antoine Vollon 75012

NON!!!!

まさかのバカンス。

泣けたっす。えーーマジ泣けたっす。
フリースタイル具合にマジ泣けたっす。

この悲しみをどうすりゃいいの。
誰が私を救ってくれるの。

あ・・・
もう、アレしか私を救えないよねー