映画『PARIS(パリ)』公開初日

遂にこの日がやってきた。映画『PARIS(パリ)』の公開初日。

製作に関わった訳でも配給会社の社員でもなんでもないくせに、公式ブログの更新をしているというだけで、我が子の初めてのピアノ発表会かの如くドキドキします。

Mais!昨日飲んだくれてしまい大遅刻。なんて骨体!初回のお客様の入りをこの目で見ることができなかったなんて!ああ、私のバカ、バカ!

とにかく落ち着こう。まだ、一日は長い。とりあえず、初回上映が満席だったことを知り安心。

この映画に誘ってみたまつゆうさんとBunkamuraのレストラン、Les Deux Magots Paris(レ・ドゥ・マゴ・パリ)でデジュネ。ランチプレートをご注文。スパークリングワインで「サンテ!!」
…飲んだ翌日には絶食できる体になりたい。

続いて2回目の上映。おおおお、すごい人の入りだ。嬉しいことに2回目も満席!!

劇場へ入って行くまつゆうさんを見送った後、次の上映回まで配給会社アルシネテランの方々と過ごす。とにかくブログのことを喜んでいただけて、とてもうれしい。睡眠時間を削りながら記事を書いた甲斐があります。好きなことだからいくらでも頑張れるのな。

おおお!3回目の上映も満席だ!!

いつもル・シネマに映画を観に来ると、観客の中で私が最年少(推定)だったりするんだけども。今回はなんだか客層が若い気がする。高校生もいたし!!すげえな、パリ。

そして金欠の自分の欲望を抑制させるのが非常に困難なコーナーが。くぅ。買うてまうやろ!

クリスマスツリーを見ると、なぜかマライアが脳内でリピートする。おお?あ、あのポスターは!

クラピッシュ監督の直筆サイン入りポスター!!はぁ、はぁ、興奮。
これは実際ご担当者様がフランスに行ったときにクラピッシュ監督にお会いして書いてもらったのだとか。うらやましいぜ!

そしてなんと最終上映会も満席に!

はあ、大満足だ。
しかし映画を観てくれた人のうち、どれくらいの人があのブログを見てくれたのだろうか。
この記事で書いたフライヤーもみんな手に取って帰っていく。お願い、みんな、公式ブログを見てくれますように。

パンフレットの加藤紀子さんのコラムを読んで、泣いてしまった。


映画『PARIS(パリ)』スペシャル公式ブログ