La Maison du Chocolat

パリ旅行も遂に終盤。Déjeunerの後はdessert!
目的地に向かって歩けば、きっとサラミの分くらいは消化するさ。

そんなわけでエッフェル塔の近くからBon marché(ボンマルシェ)のあるSèvres Babylone駅まで歩きます。う、お腹が重い…

途中でQuo Vadisのフランス語版手帳を購入。いつもレフィルだけを買っていたのですが、かなり大きめのExecutive(16cm ×16cm)を選択。なぜかと言えば巻末についているフランスの地図がカラーで大きいから。行き詰まったときは、このページを見れば心が安らぐ。フランスは私のグラビアアイドルです。

フランス語版は祝日もフランス版。でもいいの、使い勝手なんて、二の次です。むしろフランス語で書かれた手帳の方が、一年間とても幸せな気分で過ごせるので快適なのです。

んー、雲行きが怪しくなってきています。はあ、降るのか、雨よ…。

でも黄金ピッカピカーなアンヴァリッドに癒される。

ロダン美術館の外側後方から考える人を眺め、歩く。放課後の学生を多く見るようになったら左へ曲がる。

こんなアバウトな私のガイドでも無事ボンマルシェが見えてきました。

お土産用の品を買うべく寄った教会の午後の部は14時半からだったので、ボンマルシェを物色。それでもまだ時間があったので、お腹にまだ余裕はありませんがいただきましょう、ラ・メゾン・ドュ・ショコラのエクレールを!!

19 rue de sèvresにあるお店でエクレールのみ購入。あれあれ、いつの間にか0.2ユーロ値上がりしているのね。

ぐあーーーーー!やーーーーー、この御尊顔を眺めてよだれを垂らすだけでもパリに来た甲斐があるね。

雨も降っていないので、ボンマルシェ隣の公園でいただきます。胃に大きい隙間が出来た気がした。エクレールは別腹だねー。


私はカラメル、mon mariはショコラを。

さっきのアンヴァリッドよりも輝いているよ、ぬひゃー!!い、い、いただきます!!

はーーーーーー。。。美味しい。。。(恍惚)

カロリーなんて文字は脳内辞書から一瞬にして吹き飛んだね。この、銀歯が取れそうなほど濃厚なキャラメル。口に含んだまま一生を過ごしたい。このリップクリームがあれば毎日唇をネットネトにしてしまう。

最後の一口も食してしまった。ああ、パリに来てよかった。このエクレールを食べないと、旅は終われない。

そんなこんなで14時半になったので、ボンマルシェのほぼ隣(140 rue du Bac)にある奇跡のメダイユ教会(Chapelle Notre Dame de la Médaille Miraculeuse)へ。

ここでメダイユを買います。奇跡よ、起これ!