もうひとりの息子@東京国際映画祭

東京国際映画祭、始まりましたー!

日仏授業→ロミジュリミュージカル→TIFF、となかなかヘビーな一日でありました…
(ロミジュリについてはまた別途!)

映画祭一本目はデュヴォス女史の輪郭攻撃ポスターの『もうひとりの息子』。

・病院のミスで子供を間違えて渡されそのまま18年間過ごす
・イスラエルとパレスチナが舞台
ということだけで精神的にも土地柄も経済格差も、そして宗教問題も絡んでかなり複雑な内容ながら
二つの家族の間で揺れ動く二人の青年・その家族の心情を実に丁寧に描いた良作!

二人の息子のうち一人は、『ぼくセザール 10歳半 1m39cm』のジュール・シトリュクくん。

ぼくセザール 10歳半 1m39cm [DVD]

上映後のQ&Aにはロレーヌ・レヴィ監督、プロデューサーのヴィルジニー・ラコンブ、そしてジュール君が登場!(司会は谷田部さん

ジュール君、すっかり大きくなりましたー。(完全に親戚のおばちゃん目線です)



上映中から、「なんとなくシルヴィ・テステュに似てるわー」と思ってたけど
特にこの俯き加減のアングルだと、ほんと似てる!

Q&Aのときに『ぼくセザール…』を見てフランス語を習い始めた、という女性に、ジュール君は「アリガトウゴザイマス この映画を見てアラビア語を勉強する人がいるといいですね」なんて可愛い返し。

TIFFの通訳は英語・仏語なのでQ&Aは僅か2問で終了。

外に出たらサイン攻めだったジュール君、バッチリカメラ目線いただきましたー!