残酷メルヘン 親指トムの冒険 Le Petit poucet

『残酷メルヘン 親指トムの冒険』を観てきました。
フランスだと映画じゃなくてTVドラマだったのかしら?
マリナ・ドゥ・ヴァン監督・脚本、ドニ・ラヴァンが人喰い鬼役…って、期待しちゃうよねー。

うわー、期待し過ぎた。すみません、もうツッコミどころ満載だった。

貧困・飢餓に苦しむ時代だというのに、家族みんな健康そうなんだもの。
貧乏なのに髪も髭もちゃんとしてるじゃない。
毎日野菜一切れだけのスープしか摂してないのに健康的過ぎるじゃないかー。
てかトム、他の兄弟と比べてそんなちっちゃくないしー。

「食べ物を探せ」と言って必死こいて探させてる割には
植物の気配もない庭の土を素手で掘ってるだけじゃないかー。ひえー!
おとん薪割ってるだけじゃないかー。ぎょえー!
子供5人育てられないって気づくの遅いよー。ばかー!
親犬がまたデカいー。育ち過ぎー!
森に子供捨ててすぐ子づくりっつーのおかしくねーかー。どっへー!

ウサギ取って二日間育てて食べたり、子犬食べたり、
ああもう「おとぎ話はときに残酷」なんて予告編、うそよー。
「ときに」どころか「つねに」だものー。

なんていちいち突っ込んでたらホント大変。
人喰い鬼・ドニがスクリーン上に現れてから残酷さはよりリアリティを増して、
さすがドニ、この薄気味悪さ、「来るぞ来るぞー」と期待値上げておいて、
結局ほわんほわんほわんほわんほわーーーん(クイズで不正解のときの効果音)て感じで
完璧にB級もドB級映画なつくり。
うー、ポスターにもなってる、5人の娘と少年たちがベッドで向かい合う絵面は好きなんだけどな。

帰りのエレベーターで、普通の女子が
「もっと肉とか骨とか、むさぼって欲しかったよねー」なんて話し合ってるのが
何より一番怖かったっす。

そして、結婚記念日にこの映画を一人でレイトショーで見る私もなかなか怖いでしょ☆えへ♪(もう自棄)