Siriでフランス語を試してみた。

ちょっと暇さえあればiPhone5で遊んでます。
iPhone3GSで2年半、それまでの生活には戻れないくらい便利を手に入れてしまったのに
今までの生活がまたぐわーっと変わりそう。ぐわー。

3GSにはなかった機能「Siri」を試してみる。
機械に話しかけるなんて、そんなヴァーチャルな寂しいこと一生やるもんかい!
だいたい、ああいうCM見るたびに寒くなる!
なーんて思っていたものの、これは一種のフランス語勉強に使えるんでないかなー、と。

でも、いざ話しかけようとしても何を話していいものかさっぱりわからない。

と、とりあえず、好きです、と告白。

は。なんという小粋な返し。
L’amour est enfant de bohème
オペラ「カルメン」のアリア【ハバネラ】の一説で返して来た。
やるなー、フランス!

ど、どうしよう、アドリブ弱いノリコさん、
これに返したのは、まさかの

今、何時ですか?

ほい。これで冷静を取り戻したので、ゲンスブールのことについて質問してみる。

しかーし!

何度聞いても、読み方を「ゲンズブール」「ギャーンズブー」「ガンズブー」と変えてみるも
「15%」(キャーンズ・プーサン)としか理解してくれない。

あきらめた。

Siriの辞書にはゲン様はいない。
じゃあドヌーヴ様はどうだ。

おお、単語として理解はしてくれたが、
「あなたのアドレス帳にカトリーヌ・ドヌーヴはいません」
と冷たい返しだ。

じゃ、ちょっとSiriくんの映画の好みでも聞いてみよう。

はー。機械的!
そういう返しを求めてたんじゃないって。

…(早くもSiriに飽きて来たノリコさん)

じゃあ「Intouchables」(最強のふたり)見たいんだけど?
って話しかけたら、おおお!

…(感動したけど、やっぱり飽きた)

あとは画像アプリでいいのないかなー。
(集中力がない)

このアプリはかわいくて、バージョン1の頃からお気に入りなんだけど
2になって更にスタンプにフランス語がちょっと増えた☆

Ricco2

最強の武器を手に入れたので、あとは、旅に出るだけー。